2/25 第四回人狼交流会を行いました

イベント交流会, 人狼, 大阪, 梅田

2/25(土)ゲームバー236人狼交流会にお越しいただき、ありがとうございました。

いくつかの村を行いましたが、そのうちの一つをここでご紹介します。


今回初めての試みとして、以下のような村を一度行いました。「村に人狼がいるのかどうかをみんなで考える村」であり、少し難易度が高い村です。

◎参加者8人

◎ルール
≪Aグループ≫計8人
処刑人、占い師、霊能者、狩猟者、花屋、共有者(×2)、村人

≪Bグループ≫計10人
村人(×7)、人狼(×2)、狂人

・Aグループの役職を1人1枚配布
・Bグループから事前に2枚のカード(※狂人を除く)をランダムに引き抜き、残りの8枚を1人1枚配布。事前に引いた2枚は「欠け」としてGMが預かる。

≪村の勝利条件≫
・村に人狼が生存していない日に村の総意て「誰も処刑しない」を選択する。
(1dの時点で人狼が村にいない場合のみ、狂人は「村人」に変更になる)

≪人狼の勝利条件≫
・人狼と人間の生存人数が同数になる。
・人狼が生存していない日に村の総意で誰かを処刑する。

最初に欠け役職をランダムに選ぶと、人狼1、村人1の欠けになりました。つまり、村には人狼が1匹しかいないという人狼にとって過酷な状況でしたが、なんと、その1匹がすべての縄を逃げ切って生存勝利するという結果に終わりました!


人狼交流会では、そのときの人数や、参加者の経験数に合わせて、GMがゲームのルール(役職の編成)を考え、基本的な村から特殊な村まで行っております。

次回の人狼交流会は3/11(土)になります。
是非お越しくださいませ。

236 美咲💐 (twitter)


PAGE TOP